一橋大学が留学に強いって本当?一橋の長期留学システム、解説します!

受験生向け

皆さん、一橋大学って留学に超強いって知ってましたか?

もしかしたら噂には聞いたことあるって人も多いんじゃないでしょうか。
でも具体的にどう強いのかは分からなかったり…

今回は長期(1年〜半年)留学したい方に向けた、一橋大学の留学制度を解説していきますね!

ちなみに動画でも解説してますのでよければそちらもご覧ください!

どんな制度があるの?

スポンサーリンク

一橋大学の制度を利用する場合、方法は主に2つです!

①海外派遣留学制度
②グローバルリーダー育成海外留学制度

この制度を使えば、一橋が協定している世界中の大学で学ぶことが出来ます!

この2つは行き先の大学のレベルが違うだけで、システム的にはほぼ同じなのでまとめて説明しちゃいますね!

どんな大学に行けるの?

スポンサーリンク

協定校はアメリカイギリスオーストラリアなどの英語圏はもちろんのこと、アジア、ヨーロッパにも沢山あります!

そしてそのどれもが世界的なトップ校ばかり…!

参考までに、THE世界大学ランキング2022のトップ20校のうち、一橋の制度で学べる大学をピックアップします!

  • イギリス・オックスフォード大学(1位)
  • アメリカ・ハーバード大学(2位タイ)
  • イギリス・ケンブリッジ大学(5位タイ)
  • アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校(8位)
  • アメリカ・ペンシルバニア大学(13位)
  • 中国・北京大学(16位タイ)
  • 中国・清華大学(16位タイ)
  • イギリス・ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(18位タイ)
  • アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(20位)

いやはや、超有名校ばかりですよね!

もちろんこれ以外にも一流校が勢揃いで、どこに行こうか迷ってしまうくらいです(笑)

他の大学も見たい!という方は、協定校一覧が下のサイトにありますので是非チェックしてみてください!
https://international.hit-u.ac.jp/jp/abroad/haken2/

ちなみに上で上げたオックスフォード、ハーバード、ケンブリッジ、そしてロンドンスクールオブエコノミクスは②のグローバルリーダー育成海外留学制度で行くことになり選考の条件が超厳しいです!

これらの大学に行きたい人は特に入学してからもしっかり勉強しないといけません!

一橋の留学制度を使うメリットは?

スポンサーリンク

さてさて、すごい大学が沢山あるのは分かっていただいたと思うのですが、じゃあそもそも一橋の制度で留学するメリットって何でしょう?

外部機関の制度を使えば協定校に縛られずに好きなところに行けるんじゃないの?」と言われると実際そのとおりなんですよね。

ただし!一橋の制度は絶対に利用したほうがいいです!

そう言い切れる大きな理由の1つはズバリ「お金」です!

調べてもらえばわかるのですが、海外の大学ってめっっちゃ学費高いんですよ。

例えばオックスフォード大学は年間200~300万(!)かかります

たとえ短い期間だとしても、それだけの額を払う/払ってもらうのは大変ですよね…

しかし!

一橋の派遣留学制度なら、一橋へ学費を納めるだけで協定校の学費を払う必要はないんです!

一橋の学費は年間65万円程度なので、あまり安いとは言えないのですが、それでもかなりお得に学ぶことが出来ます!

そしてそれだけではないんです!

なんと一橋から留学すれば、生活費も一部支給されます!

具体的に言うと、毎月6〜10万円相当の額が奨学金として給付されちゃうんです

これは一橋大学基金というOBの寄付で成り立っている奨学金なので、非常にありがたいですね…!

留学の選考には何が必要?

スポンサーリンク

早いうちから意識しておいて欲しいのは、「大学の成績(GPA)」「英語の外部資格」です!

大学の成績は言わずもがなですよね。大学ごとに最低GPAが定められているので、GPAが低くて行きたいのに出願できない…ってことも起こりえます!😨

そして留学するとなったら何よりやはり語学力ですよね。

大学によっても必要なスコアは異なるんですが、

TOEFLなら80~100点、IELTSなら6.0~7.0あたりが条件の大学が多いです!

英検で言うと準1級~1級レベルのスコアが必要なので、しっかり英語は勉強しましょう!🔥

終わりに

いかがでしょうか?

今回は一橋の長期留学システムについて軽く解説してみましたが、非常に魅力的だということが分かっていただけたんではないでしょうか!

大学では留学したい!という方は一橋大学への入学を是非検討してみてください!

また、海外で学ぶ経験はきっと貴重なものになると思うので、一橋に受かった人も留学を考えてほしいです!

この記事を書いた人

一橋商学部在学中の2年生。受験生時代にYouTubeを始めて、今はHUECCの代表に。得意科目は英語で、一橋オープンで5位をとったことがあります。苦手科目は地理。一橋大学の魅力を全力で発信し続けます!

ライをフォローする
受験生向け
スポンサーリンク
ライをフォローする
それもまた一橋

コメント

タイトルとURLをコピーしました