【高校1・2年生向け】受験生になるまでにやっておくべきこと!

未分類

お久しぶりです。商学部1年のクスノです。

受験生の皆さんは冠模試が返却される時期でしょうか。もう受験も後半戦です。

体調管理もしっかりしながら、引き続き頑張ってください!。

その一方で、先輩が受験を戦っている姿を見た2年生や高校生活にすっかり慣れた1年生の中には、少しづつ志望校を考えたり勉強に本腰を入れ始めている人もいると思います。

今回はそんな1・2年生が(一橋)大学受験でいいスタートを切るためにやっておくべきことを紹介していきます!

大前提

大前提として、1・2年生がやるべきことは「基礎の徹底」、特に英数の基礎固めです。

恐らく皆さんは、「そんなこと、耳にタコができるほど言われてるからいまさら言うな!」と思っているかもしれません。

しかし、僕含め色んな人がこのことを口にするのは、英数は本当に合否を左右する上に、受験生になってから後悔する人が本当に多いからです。

ひたすら基礎固めをするのは確かに根気が必要です。しかし、今の時期にやっておけば必ず1・2年後の自分は必ずあなたに泣いて感謝してくれます。

受験生と同じ時間やる必要はないので、コツコツ頑張りましょう。

以下では、各教科の具体的なことについて話します。

1・2年生の数学

1・2年生が数学の勉強でやるべきことは基本的にただ一つ。

それは青チャートをはじめとする網羅系参考書の反復です。

チャートに乗っている解法をすべて、問題を見ただけで何をすればいいか浮かぶくらいになればOKです。

ポイントとなるのは、「見て浮かぶ」という部分です。

もちろん何回かは全問手を動かしてみるべきですが、何回も何回もやっていると飽きますし、時間もばかになりません。
それに、暇なときに問題をパラパラ見て、少しあれ?と思った問題だけ改めて手を動かして解くといった使い方もできます。

僕が合格ラインとしていたのは、章末問題(青チャートでいうexercise)の問題を見て何をやればいいかわかるくらいの完成度です。
(exerciseは1・2年生には難しいと感じるかもしれませんが、難関大受験レベルで見れば易問中の易問です。臆せず頑張りましょう。)

1・2年生の英語

まず1・2年生共通でやるべきは「単語・文法」の徹底です。

これも「当たり前でしょ?いわれなくてもわかっているよ!」と皆さん思うかもしれません。

ですが、本当に当たり前にやれていますか?解釈や長文に無駄に手を出していませんか?

単語文法の一番やばい部分は、スタートが遅れた場合取り戻すときの負担がとてつもなく大きいことにあります。

3年になってからやるのは本当に大変です。今のうちにできるだけやっておきましょう。

そして、単語文法がある程度進んだ人が3年になるまでにやっておくべきことは「短英文解釈」です。

受験で出題されるいわゆる「長文問題」は、つまるところ語彙・文法・解釈・読解の複合問題です。

3年になるまでに語彙・文法を完成させ、受験生になったら長文演習をする。これは当たり前で正しいことです。

しかし、かなりの人が3年になっても英文解釈を並行してやっています。

もちろん自分の進度に合わせてやるべきですが、解釈ができない状態で、複合問題である長文をやるのは不自然ですよね?

なので、語彙文法がある程度できたらそれを使って短文和訳をする。解釈がある程度できたらそれを使って長文を解き、読解の練習をする。

このように一つずつやっていくことでスムーズに勉強できると思います!

1・2年生の国語

国語に関しては、僕は国語のウエイトの低い一橋を受験していたこともあり、正直ほとんどやっていませんでした…()

しかし、現代文は置いといて古典単語・文法はしっかりやっておくべきだと思います。

特に一橋志望は、3年になってから悠長に古典に割く時間はないので、1・2年のうちに固めておいて、共通テストで足を引っ張らないようにしておきましょう。

1・2年生の地歴

1・2年の地歴で話題に上がるのは先取り学習ですよね。

これに関しては賛否両論ありますが、僕はお勧めしません。というか少なくとも個人でやるべきではなく、学校か塾に合わせるべきです。

理由としては、個人で進めると定着度を測る機会が少なく、結局通史が終わった後にやり直さないといけないからです。

先取りするかは自由ですが、絶対に今やっているところ完璧にしてから次に進みましょう。

ちなみに、僕は先取りは一切せず、学校の進度に合わせていました。新型コロナ対策の休校も影響し、通史が終わったのは11月上旬くらいでした。

それでも、秋の冠模試の世界史で偏差値65くらい出せたのは、先ほど言ったように既習範囲はしっかり固めていたことと、あともう一つはちょくちょく過去問解説サイトを見ていたことが理由だと思います。

一橋世界史内容一覧 – 世界史教室 (hatenablog.com)

たとえば、カールの戴冠を習った時期に、上のサイトでカールの戴冠に関連する問題を見て、受験本番では今日習った知識がどのような形でどれくらい深く問われるかをイメージしていました。

こうすることで、過去問対策をするときの難易度のギャップを埋めることができますし、モチベーションも上がると思います。

1・2年生の勉強「以外」

ここまでは各教科のことを話していましたが、高校生がやるべきは何も勉強だけではありません。

部活・遊び・恋愛…etcと高校生活の楽しみは無限にあります。

「俺は難関大に行くんだ!」と張り切って高校生活をすべて勉強に費やすのは絶対にやめたほうが良いし、やはり重要なのは切り替えだと思います。

僕も1・2年の頃はかなり部活に打ち込んでおり、勉強も都会の私立でバリバリやっている人に比べたら全然やっていませんでした。

しかし、楽しむときは楽しむ一方で1日最低30分は机に向かうと決め、上に書いたことを実践していたからこそ部活を引退してから受験勉強でいいスタートを切れたと思います。

もちろん人によりますが、東大だろうと一橋だろうと、高校生活をすべて勉強に費やさなければならないほど壁は高くないです。その証拠に、僕の知り合いの東大生や一橋生はみんな勉強以外に武器をもっているし、高校生活を謳歌していた人ばかりです。

勉強しなくていいと言っているわけではもちろんありませんが、あまり根詰めないようにしましょう!

おわりに

楽しむときは楽しみ、勉強するときはやるべきことを考えて効率的にやる。

これが最も大切なことだと思います。

一橋志望の受験生はもちろん、1・2年生も我々HUECCは全力で応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました